借入限度額と金利

キャッシング比較ランキング > キャッシング 金利 > 借入限度額と金利の関係

借入限度額と金利の関係についての解説

借入限度額が高いほど低金利になります

 キャッシングには、借入限度額が設定されています。借入限度額とは、その金融機関から借りることのできる限度額ですが、個々に金額が設定されています。利用者側から限度額の希望を言うことはできますが、一般的には審査を通して決定するのです。借入限度額が高いと、金利はそれだけ安くなるという関係性があります。よって、借入限度額を高く設定できれば、有利な金利で借りることが出来るのです。しかし、借りる金額が多いということは、それだけ掛かる利息も多くなってしまいます。金利が安くなるからといって、返す時のことを考えずに借りてしまうと危険なので注意しましょう。毎月の返済額が少ないリボ払い設定にしていると、気付いた時には借入金額や利息が多くなり、返せる見込みがなくなってしまうことがあります。そうならないために、借入限度額が多くても無理のない返済計画にする必要があるのです。

 借入限度額には、総量規制という制限があります。年収の3分の1を超える金額を借りてはいけないという制度です。例えば、年収600万円なら200万円までしか借りることはできません。金融機関が最大融資額を設定していますが、収入が条件に満たない場合はそこまで借りることはできないのです。それぞれの借入限度額の総量規制に従うことで、無理のない利息の範囲で借りることができます。これは、全金融機関の合計で計算するので、数ヵ所からたくさん借りることはできません。